ディレクトリ
外壁の建設 コーティングレベリングペイント特性
日本 外壁の建設 レベリングペイントを使用して、塗料、モザイク、タイル、石などの古い壁の壁を直接こすり、改修することができます。使用の過程で、単純な平滑化によりほぼ平滑化できます。この効果により、壁の凹凸を完全に減らすことができ、同時に優れた弾力性、亀裂に耐え、温度差による壁の損傷を克服し、レベリングペイントを使用した場合の強力な接着力を発揮します。レベリングプロセスは、専門家が作成する必要があります。処理はより完全になります。

外壁の建設 レベリングコーティング施工技術
ほとんどの人は日本製のインテリアペイントに精通していますが、平坦化コーティングの構築プロセスは完全に不明確です。日本製外壁レベリングコーティングが適用される場合、この比率は非常に重要です。粉末と水との比率は10:3 -4で、水を容器に注ぎ、粉末をゆっくりと加え、電動攪拌機でよくかき混ぜます。日本製外壁レベリング塗料は、ブレンド完了後3時間以内に使用することをお勧めします。温度が高い場合は、プロジェクトの品質を効果的に確保するために、2時間以内に使用することをお勧めします。

製品の展示

外壁構造のレベリングコーティング-注意事項
日本製外壁レベリングコーティングの構造は簡単で迅速ですが、注意事項もあります。日本製の外壁レベリングコーティングは、涼しく乾燥した場所に保管してください。保管温度は0〜35°Cが初期であり、構造温度は5〜40°Cが好ましい。空気の相対湿度は <80%. Avoid raining within 12 hours after the completion of construction. Nippon exterior wall construction leveling coatings contain alkaline before the upper wall is dry. Because the leveling paint should use a series of complex reactions such as ash calcium and water and carbon dioxide to improve its own strength, calcium hydroxide will be produced during use, which usually lasts for 5-7 days before disappearing. Not good, it will give the builder a burning sensation, and must pay attention to the characteristics of the leveling paint during construction.